EDになりやすい年齢に関して

EDになりやすくなる年齢とは?

病気に関しては、なりやすい年齢というのがよく言われます。

 

事実健康診断についても、30歳を過ぎると20代の頃よりも細かく見られます。
病気になりやすい年齢にどんどんなっているからです。

 

EDもそれと同じで、なりやすい年齢というのがあります。

 

具体的な年齢ですが40代以降が多いそうです。
中高年の男性ということですね。

 

なぜそれらの年齢がなりやすくなるのかというと、
EDの原因といわれるものになりやすい年齢だからです。

 

肥満、高血圧、生活習慣病などがEDの原因になるといわれています。
40代以降の男性というのはこれらになりやすい年齢なんです。
だから、EDにもなりやすい年齢ということなんですね。

 

ただ気をつけておいてほしいのは、40代以降じゃなくてもなるということです。

 

心因性の場合は20代の男性あっても起こります。
10代でも失敗経験がトラウマになれば発祥する事もありえます。

 

自分は大丈夫と思わず、予防の意識を持つこと。
もしなってしまった場合はサプリメントや薬などを使い治しましょう。

関連ページ

全ての男性にEDになる可能性がある
男性である以上、将来的にEDになる可能性があります。自分は大丈夫と思っていても、男性は皆EDの予備軍でもあるのです。サプリメントなどを活用し、予防するのも大事です。
ED治療薬は病院によって価格が変わる
EDの治療薬は保険適用外となっているため、病院によって価格が違います。そこまで大きな開きはないとはいえ、高額な薬なので出来れば安いところがいいですよね。
コンビニでED治療薬が買えない理由は?
医薬部外品を取り扱うようになったコンビニですが、ED治療薬は購入できません。なぜ買えないのか、その理由と注意点を紹介します。
運動でEDを予防・改善をする
EDの予防や改善に効果的な方法としては、運動もあります。治療薬と合わせて、或いは予防をするために運動をしましょう。
自転車の乗りすぎは良くない
EDの予防や改善に良い運動ですが、自転車の乗りすぎは良くないようです。最近は健康ブームですが自転車に乗る方は注意しましょう。
ED治療薬は高額という欠点
EDの治療に最も有効とされているのが治療薬です。 但し保険適用外のため治療薬1粒が高額というのが欠点なんです。